お父ちゃんはタイ人

タイ人のお父ちゃんを持つ娘の日記。
我が家の日常、日・タイ文化比較、仕事(通訳・翻訳)のことなど。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
本場のソムタム

夫ちゃんの実家では、ほぼ毎食ソムタム(青いパパイヤのサラダ)を食べる。
夫ちゃんの実家のお隣さんもそのお隣さんも、きっとほぼ毎食、ソムタムを食べる。
東北地方(イサーン)の人には欠かせない料理。

青いパパイヤはまだ固いから、スライスするのはちょっと大変。
タイの人は、包丁は自分に向けて使わずに、外側に向けてスライスする。
固い食材を扱うことが多いから、自分に向けて使うと、お腹をグサ〜ッ状態になりかねない。
でも2〜3人で食事を作る時は、かなり近い距離で向かい合ってスライスしているから、お互いにグサ〜ッとならないのか、見ていてちょっと怖い。

地元の人がソムタムを作る時、1皿につき味の素の白い粉を大さじ1杯くらい入れている。
ちょっと多すぎじゃないか・・・と思うのだけど、実際、味の素って健康にどうなんだろう?
日本では味の素の白い粉はあまり見なくなった。
販売許可されているので、体にすごく悪いことはないのかもしれないけど?

2皿目、3皿目も同じく、味の素をどさーっどさーっと入れている。
バンコクの屋台で見る時は小さじ1杯程度だったと思うけど・・・。

本場のソムタムは、味の素の味也。

| 食べ物のこと | 19:13 | comments(7) | trackbacks(90) |
変わった商標
ナンプラー

↑ タイのセブンイレブンで買ったナンプラーの商標です。
その名も、「海老を背負う人」マーク。
えらいややこしい商標やわ・・・と思うのは私だけでしょうか。

2ヶ月くらい前に宇治市でタイ料理教室をやったときのナンプラーは、
「牡蠣印」でした。ナンプラーなのに牡蠣。。
生徒さんが「これはオイスター・ソース??」って混乱していました。
紛らわしいのう ・・(―▼―)「


ビルマーク

↑ こちらはムーヨン(豚肉のふりかけ)の会社の商標。
ベルマークならぬ、「ビル」マークです。
目を凝らすと、建物の壁に文字が書いてあるような雰囲気。
商標にしては、細かいけど・・・無機質な感じで・・・
ムーヨンスナックをかじりながら、
なんとなく気になってしまいました。
| 食べ物のこと | 22:27 | comments(4) | trackbacks(3) |
雑誌に載ってたお粥屋さん
お粥屋さん

チャイナタウンに行く用事があったので、先月号のグルメ雑誌『krua』に掲載されていたお粥屋さんに行ってみました。創業80年の老舗です。
ぱっと見は普通の屋台と変わらない古くて小さなお店。
知らなかったら絶対立ち止まらないだろうな〜って感じの所です。
お粥1杯の値段がなんと、250バーツ。
日本円にしたら1000円弱ですが、タイの物価を考えるとすこぶる高い。
一体どんなお粥が出てくるんだろう・・・。

我々が注文したのは、魚(プラー)と豚(ムー)入りのお粥。
出て来たお粥には確かに魚と豚が入っていたけれど、何の変哲もない普通のお粥です。
「プラー・ムー=魚+豚=河豚(ふぐ)なんじゃない?!」
相棒(日本人)は必死に値段の理由を探っていましたが、残念ながらブブー。
河豚はタイ語でプラーパクパオ。
味は確かにおいしかったけど、近所で40バーツで売ってるお粥も同じくらいおいしい気がするなあ(普通より魚の量は多かったけどね)。

1杯250バーツの意味が最後までよくわかりませんでしたが、中国語が飛び交う店内はいかにも「チャイナ・タウン」という感じで、異国情緒を味わえたのは良かった(かな)。
タイのおばあちゃんから教えてもらった「ジェッムワイ(お粥を食べる)」という
中国語が実際に使われているのを初めて聞きました(こんな所で役立つとは・・・)  食事
| 食べ物のこと | 23:34 | comments(12) | trackbacks(4) |
タイ料理パーティーした
タイ料理  タイ料理2

空手の先生の提案で、同じクラスの仲間たちを集めてタイ料理パーティーをしました。
稽古の後にパパッと作れるようにメニューは簡単なものにしました。
中華料理のコックさん(同じクラスの人)がお手伝いしてくれました。
思った以上に好評で良かったです☆

気づいたこと:コブミカンの葉の匂いはサンショに似ているということ。
サンショで代用できれば、次回から食材探しが楽になるかも ぴかぴか

 
| 食べ物のこと | 19:21 | comments(7) | trackbacks(0) |
賢い商売
Rotiboy
Source:http://www.manager.co.th/SMEs/ViewNews.aspx?NewsID=9490000033786

今回、初めてローティーボーイのパンを食べました。
メルマガにも書きましたが、開店当初は1時間半の行列ができたとか。
マイペースのタイ人も並んだりするんだ・・・とちょっとびっくり。
今は待ち時間は10分くらいに短くなりましたが、それでもかなりの人が並んでいます。

上記HPの記事によると、ローティーボーイは「コーヒーの芳ばしい香り」でお客を惹きつけているそうです。確かに、おいしそうな良い匂いが漂ってきます。
味もまずまず。外はサクサク、中ふんわりのコーヒー・メロンパンという感じ。
個人的にはバターがサンドされていない方が好きです。
「香り」的にはバター入りの方が良いのでしょうが。
匂いを売るとは、賢い商売 YES!

でももっと賢いと思ったのは、パン(25バーツ)をたくさん買って、後ろの列の人たちに30バーツで売っている人たち(笑) さすがタイ人♪と久々に感心しました。
1000バーツの資本金で200バーツ儲かるとは、なかなか良い商売と思いませんか?

| 食べ物のこと | 12:51 | comments(8) | trackbacks(0) |
前田コーヒー明倫店
マエダコーヒー1 まえだこーひー2

久々に街へ出てお茶しました。
前田コーヒー明倫店は、廃校になった小学校の一室を喫茶店として利用しています。
レトロな雰囲気の小学校なので、なか×2味があります。
他の部屋はギャラリーになっていました。
校舎もこんな風にリサイクルできるんですね。

学校(お店?)から出てくるとき、オールド・シルクのスカートはいた学生風の人とすれ違いました。一瞬、ピピッと反応してしまう。

「タイのやん♪」。

街に出ると、メイド・イン・タイの衣装まとった人、多いですね。
オールド・シルクとか、山岳民族のバッグとか・・・。
民族衣装着衣率はタイ以上かも?
| 食べ物のこと | 15:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
至福のひと時
温泉卵

タイの屋台のコーヒー屋さんで飲むお茶と温泉卵は私のお気に入り。
お茶を頼むと甘い紅茶とほうじ茶がセットで出てくるので、得した気分◎
紅茶も日本の味とは違い、私はこっちの方が好きです。

温泉卵は、ホテルで食べるやつより断然、コーヒー屋さんのがおいしい!!
お醤油ではなく、マッキー・ソースと胡椒で頂きたいです ポッ



| 食べ物のこと | 21:16 | comments(4) | trackbacks(0) |
鶏卵そうめん
鶏卵そうめん

お母ちゃんが鶴屋さん(鶴寿庵)の鶏卵そうめんを買ってきました。

お客さん用のお菓子だったので、遠くから見つめました。

お客さんが帰ったので、近くで眺めました。

ふむ。

見れば見るほど、フォイトーン ฝอยทอง に似ています。 

似てるっていうより、まったく同じ・・・?

以前、フォイトーン作りで有名なアユタヤの村にホームステイしたことがあります。
お家の台所でフォイトーン(金の糸)とか、トーンヨーッ(金のしずく)とか作ってました。
「元々はポルトガルから渡ってきたお菓子」とステイ先のメーは言っていました。
ということは、貿易の街・アユタヤを介して、ポルトガル→タイ→日本という経路で伝わったお菓子だったりして?
続きを読む >>
| 食べ物のこと | 14:50 | comments(7) | trackbacks(3) |
タイ料理食べた
タイ料理 

私と同じくお父ちゃんがタイ人のKちゃんと一緒にタイ料理屋さんに行きました。先週ストレス診断テストをしたら「ややストレスあり」の結果が出てしまったので、優しいKちゃんが「タイ料理食べたらきっと元気になるよ」と誘ってくれたのです。人生の半分以上をタイで暮らしたというKちゃんは私よりもタイ度が高く、「毎日でもタイ料理食べたい!」と思うそうです。「タイ料理は食べたらおいしいけど、食べなくてもいい」と言っている私とは大違い。彼女はお店に着いたらさっそくソムタムを注文していました。タイ・ガールやのう。。

でもね、久々のタイ料理は本当においしかったです。細胞がふつふつと生き返ってくる感じ。日本人でもタイ料理ファンという人たちがいて、毎週食べに行ってるなんていう人もいて、「どうしてそこまで・・・」と思っていたけれど、今なら少しわかる(気がする)。

戻ってから再度ストレス・チェックしてみました。
先週よりも多少減ったみたい(な気がする)。
タイ料理ばんざい 拍手

(本当は料理の写真をUPしたかったんですが、絵心の乏しい私はきれいな写真がなかなか撮れない。そのうち全部食べ終えてしまった!というわけで、水差しとコップを撮っ「てもらった」のをUPしてみました。)
| 食べ物のこと | 20:47 | comments(4) | trackbacks(0) |
枝豆
今回、仕事で茨城県の有機農家を訪ねる機会があったのですが、
そこで衝撃的な事実を知ってしまいました。

「枝豆は大きくなったら大豆になる 植物」ってこと。
初めて知りました。

家に帰ってさっそく百科事典で調べてみたら、「エダマメ=ダイズの若い果実」と書いてありました。ホッホーウ。
英語の辞書には「枝豆=green soybean」とありました。ナルホド。
ちなみに、タイの青年たちは枝豆を見てトゥワルアンถั่วเหลือง=黄色豆(大豆のこと)と言っていました。
緑色の豆を見て黄色豆とわかるなんて、スゴイ〜!

私は納豆や豆乳は苦手なのですが、これからは枝豆(大好きです)でイソフラボンを吸収しようと思います☆
| 食べ物のこと | 20:51 | comments(10) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ