お父ちゃんはタイ人

タイ人のお父ちゃんを持つ娘の日記。
我が家の日常、日・タイ文化比較、仕事(通訳・翻訳)のことなど。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
クリスマスが近づいて来ました
クリスマスが近づいて来ました。
飛行機の中でPolar Expressを見ました。 
日本語のタイトル忘れちゃったんですが、少年が汽車で北極 結晶  に行ってサンタクロースに出会うという映画。最初の方は『銀河鉄道の夜』を彷彿とさる感じでしたが、結構ハラハラ・ドキドキが多く、心臓弱い私は途中寝させてもらいました。。 でも最後は少年もサンタクロースとの出会いがあって、ほんわか終わりました。

どうして大人は子供にサンタを信じさせようとするんでしょうね。
本気でサンタを信じている大人はいないのに、子供が信じないと「夢がなくて問題だ」と思う。こういう私もチビちゃんたちには「サンタはいるで〜」と教えてしまいます。

バンコクもクリスマスのデコレーションがきれいです ツリー
でも、街のクリスマス・ツリーにはクレジット・カード会社の広告が張ってあって、「これはビジネス」と完全に割り切っているような感もあります。

昨日は先週オープンしたばかりのデパート、サイアム・パラゴンに行きました。
まだ完成していませんでしたが、ゴージャスな感じ 星 で素敵でした。
でも、ちょっと高級すぎて庶民には…という感じですね。
バンコク民のお給料は大して上がってないはずなのに、どんどん高級デパートが増えてます。地下の水族館 ピピピ のトンネルはアジアNo.1だそうですが、入場料が450バーツなので入るのやめました。「そのうち値下げするから」って友達に力説されて(本当かな)。。

今年のクリスマスはタイの田舎で迎えます。
果たしてどんなイベントが待っているのか、ちょっぴりトゥーンテン。

| 季節のこと | 21:08 | comments(12) | trackbacks(3) |
ローイカトン2
昨日はローイカトン・・・と去年も同じことを書いた気がします。
皆さんほとんどご存知と思いますが、ローイカトンとは、

旧暦12月の満月の日に川に灯篭を流して川の女神をなぐさめる。
ついでに自分もお願いごとをする。


イベントと私は理解しています。ローイカトンの有名な歌があります。
「じゅうにがつーのーまんげつーのひー・・・」
と昔お父ちゃんが和訳してくれましたが、日本語歌詞とメロディーと合わせるのが難しい。。
個人的には、コーチューン ノーン・ゲーオ オークマー ラムウォンขอเชิญน้องแก้วออกมารำวง(愛しい人出てきて踊ってちょ)というくだりが好きです。
(↑ノーン・ゲオ=ゲオちゃんかと思っていたら、そうでないというお指摘を受けました。)

ローイカトンのお祭りにはナーンノッパマー美人コンテストがつきものです 女
ナーンノッパマーというのはスコタイ時代の王様の側室で、この人が蓮の花で灯篭を作って川に流したのがローイカトンの始まりだそうです。
タイの中学校や高校では学校の先生がコンテストにエントリーする生徒を選ぶらしい・・・というのは去年も書きました。

私は去年と変わらず、ローイカトンとは関係のない生活をしています。
来年くらいはタイでお祝いしたいです。うるうる。
| 季節のこと | 23:14 | comments(8) | trackbacks(1) |
バレンタイン・デー
私が小学生だった頃、バレンタイン・デーの前はよく友達の家でチョコレートを作りました。
理科室から拝借した温度計を使って「本格派」でがんばってみたものです。
とりあえず「完成」したチョコレートの送り先は憧れの○○君・・・
じゃなくて、クラスの女の子。
仲良しグループで交換するんです。女性の方、経験あるでしょ?

タイに留学して驚いたのは、女子学生でも同じことをやってるんですよね。
お世話になっている女性の先輩の元に女の子たちがどぉーっと走り寄って、
バラの花とか、ぬいぐるみ 犬 をプレゼントします〜。
先輩めがけて走る女の子たちの迫力に最初はちょっとびびりました。
そんな私もサークルの後輩から何個かチョコレート、もらいましたよ。
タイではバレンタイン・デーにバラの花をプレゼントするのが一般的ですが、最近は日本の漫画の影響でチョコレートを作る女の子も増えつつあるとか。
(小・中学生の間では好きな子の服に ハート シールを貼るという習慣もあるそうです。あからさまです。)
あとは、朝からひっきりなしに携帯にメールが入りますね。
「ハッピー・バレンタイン!」とか、「アイラブユー!」とか、女の子たちから・・・。
不思議な気分になってしまいます。いや、深く考えてはいけない。
続きを読む >>
| 季節のこと | 15:14 | comments(5) | trackbacks(0) |
Season's greetings2
ダイヤ メリー・クリスマス ダイヤ

良いクリスマスをお過ごしください。
| 季節のこと | 15:25 | comments(0) | trackbacks(1) |
Season's greetings
年賀状を書くシーズンになりましたね。
今年も我が家は家族の連名で年賀状を出します。
一応、お父ちゃんに「どうする?」と聞いてみました。
彼の考えた文章はやっぱり変で、例年のことながら
あっさり却下されました。

原文:
あけましておめでとうございます。
皆さん、お元気ですか?(ここから既に変である)
女房は非常に元気です。
marisaは元気です。
私はそれなりに元気です。(事実だけど、とても変である)

去年は鳥インフルエンザ等で大変でしたが、
今年は元気な鳥たちと共に元気にがんばりましょう。
(鳥年とどうしてもかけたいらしい。
でも、「元気な鳥たち」って何のこっちゃ・・・)

☆   ☆   ☆   ☆   ☆

年賀状の前に私はクリスマス・カードを書きますが、
今年のクリスマスも大した予定がありません。
つまらん。
カレは「クリスマスなんて関係ない」ですって。
「お正月プレゼント」はもらえるのに
「クリスマス・プレゼント」はもらえません。
つまらん。タイ人め。
ソンクランは楽しいのに・・・残念。
| 季節のこと | 13:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
ローイカトン
☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆
 
昨日はタイではローイカトン(灯篭流しの日)でした。
日本にいた私はまったく実感が湧かなかったのだけど、
タイ大使館あたりでは留学生協会と一緒に何かイベントがあったのかもしれません。

「ローイカトン」の歌は有名です。
2拍子のローイローイカトン♪という軽快なメロディー。
我が家のタイ料理パーティーに来るお客さんは必ず、最後にこの歌で踊らされます。
お父ちゃんがテープを流し始めると、お母ちゃんが立ち上がって踊ります。
「みなさんもご一緒に」というお母ちゃんの強い波動に逆らいきれず、
全員輪になって「たこ」ダンスみたいなのを踊るんです。
まあ、それはいいとして。。

ローイカトンのお祭りにつきものなのが「ナーンノッパマー」コンテスト。
これは実在した女の人の名前で(詳しい由来を忘れちゃいました)、
ローイカトンの日には「今年のナーンノッパマー」を決めるコンテストがあります。
各学校にあるミス・コンみたいなものだと私は解釈しましたが、
大学だけじゃなくて高校でもやるみたいです(伝統行事という感覚らしい)。
各クラスの担任がナーンノッパマー候補をノミネートするんですって!
「あなたかわいいからやりなさい」なんて感じで言うのでしょうか。。

ナーンノッパマーに限らず、タイには美人コンテストみたいなのがたくさんあります。
私の後輩のグイちゃんもエントリーしました。
タイ・ダンスがめちゃめちゃうまくて、背は高くないけど超かわいい子。
でも、面接の時「あなたの夢は?」と聞かれて
「解脱したい(コーニッパーン)!」と答えたそうです。
状況考えて答えましょう!!と言いたかった。
(言っても「どうして?」と問い返されたかも。。)
おとぼけグイちゃん、結果はフレンドシップ賞でした。

さてさて、みなさんのローイカトンはいかがでした?
| 季節のこと | 14:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
読書の秋
最近、面白い本を読みました。読書
プラプダー・ユンという若手作家が書いた『クワームナージャペン』。
13のショート・ストーリを集めた短編集。
2年間で25版も出てる。タイの本市場としては爆発的に売れた本のひとつ。

はっきり言って、これまでタイの文芸にあまり期待していなかった私。
だって、ドラマがつまらないんですもの。
登場人物のキャラクターが妙にはっきりしていて、
例えばかわいい金持ち令嬢が恋する相手は2枚目のお坊ちゃま。
横から嫉妬する悪役がいて、いじめられる使用人がいて。。

こういうのを「ラコーン・ナムナオ」といいます。
ラコーンは「ドラマ」で、ナムナオは「腐った水」。
腐った水のように人間関係がドロドロしていて、ワンパターンなもの(勝手な訳)。

こんなドラマや小説がごろごろしているから、
タイ人のお母さんは「ナムナオ小説なんか読みなさんな!」
と言って子供から本を奪うらしい。
続きを読む >>
| 季節のこと | 15:47 | comments(3) | trackbacks(0) |
食欲の秋つれづれ
食欲の秋です。
「おいしいものがたくさんある季節ですが、こういう時こそ空腹の幸福を噛み締めましょう」
と整体の先生に言われ、その日はお腹を空かせて帰って来たお父ちゃん。

「空腹で幸せだった?」と聞いたら、
「うん。でも、食べても幸せ」とのたまう。

妙に納得した私は、冷蔵庫の中のケーキを全部食べてしまいました。

★    ★    ★    ★    ★    ★
続きを読む >>
| 季節のこと | 09:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
★七夕★
今日は七夕ですね★
子供の頃、天の川は年に一度、七夕の日にだけ見られるものと思っていました。
(そしていつも曇っていた・・・)。
タイ語で天の川のことを「白象の道」(ทางช้างเผือก)というそうです。


☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「ミルキー・ウェイ」とは大分印象が違いますね。。
タイ人は天の川を見るたびに象の行進をイメージしてるんでしょうね。
でも、なんで牽牛と織姫は年に一度しか会えなくなっちゃったんですか?
かわいそう悲しい
誰か知ってる人がいらっしゃったら教えてください。
| 季節のこと | 12:25 | comments(2) | trackbacks(0) |
足元のオシャレ
靴   靴   靴   靴   靴   靴   靴
梅雨の中休み、暑い日が続きますね!
のんびりさんも寒がりさんも全員、衣替えを完了されたことと思います。
私もようやく冬のアニマル・スリッパを夏用スリッパに換えました。
これまで親指だけ外に出して履いたり、涙ぐましい努力をしてたんですが
さすがに暑いので Give up.
新しいスリッパには金魚が涼しげに泳いどります魚
やっぱり夏には夏の格好をしなくちゃあ。

そういえばタイは衣替えないですね。一年中夏服。一年中サンダル。
スーツ姿のお姉さんの足元は健康サンダル・・・。
うちのお父ちゃんも一年中背広にスニーカーなので似たようなものですが。
(Nike Airじゃなきゃ靴履かないと言ってる)。

それにしても、日本はサンダル高いですね!
この前デパートに行って見たら平均2万円でした失恋
安いのは履きにくいし・・・。
タイでは700バーツくらいで可愛くて履きやすいの売ってるのに。
この夏、タイに行かれる方はサンダルをお買い忘れなく(余計なお世話?!)
| 季節のこと | 11:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ