お父ちゃんはタイ人

タイ人のお父ちゃんを持つ娘の日記。
我が家の日常、日・タイ文化比較、仕事(通訳・翻訳)のことなど。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
息子ちゃんは宇宙人
ご無沙汰しています。
3月に長男を出産しました。 
お父ちゃんと同じ巳年生まれで、周辺では生まれ変わり説がしきりにささやかれていますが、 
ともあれ、母子ともに元気に生活しています。 

息子ちゃんはしばらく前まで扇風機が大のお気に入りで、朝に扇風機を見て微笑み、 
昼に扇風機を見て笑い声を上げ、夜は興奮しすぎて泣き出す・・・という繰り返しでしたが、 
最近は少しずつ飽きてきた模様。 
変化についていくのが大変です。 

タイでは赤ちゃんに対して「かわいいね」と言ってはいけないそうで、 
代わりに「醜いね」と言います。 
悪霊から赤ちゃんを守る知恵なんだとか。 
お客さんや親戚が口々に「まあ、醜い!」と言うので、なんだか不思議な感じがします。 

そして赤ちゃんが泣くと、「誰があなたの悪口を言ったの?お母さんがぶってあげましょう!」
と言います。 
お手伝いで来てくれているおばさんや、旦那はんの母は息子が泣くたびに上の言葉を言うのですが、
最近は「誰が・・・」の部分を省略して、「お母さんがぶってあげましょうね」としきりに言うので、 
これまた不思議な感じです。 
(そんなんで泣き止むのか?) 

しばらくバタバタ生活が続きそうですが、これからも宜しくお願いします^^
| 家族ネタ | 16:20 | comments(4) | trackbacks(0) |
おひさしぶりです

しばらくすっかりブログのことを忘れていました。

最後の記事で洪水が迫っている・・・と書きながら、それっきりになってる。。

結局、うちの方までは洪水来ませんでした。

 

この間、何人かの人に「落ち着いたらまたブログ再開してください」と暖かいお言葉を頂きました。

とっくに落ち着いているという噂もあるんですが、

日々の生活が案外忙しいのと、お父ちゃんがいなくなってネタが減ったのと、人の死にまつわる面白い記事を書いてしまったら、日本人の読者は引くかな?

なんていう思いもあって、とりあえず放ったらかしでした。

 

あまり放っておくとまた心配されてしまうかもしれないので、面白くない範囲で、死にまつわることを書いてみたいと思います。

お父ちゃんが他界して気づいたことが色々あります。

その1.タイ人は死者に対して日本人よりもクール。

お通夜では親せきから「死なんて普通のことなんだよ。マイペンライ」と言われて、涙も引っ込みました。お坊さんが持っていた団扇には「(あの世に)行って戻って来るな」と書かれていて、これまたシビアやの、と思いました。

コンドーミニアムの守衛さんや、あまり親しくないご近所さんや、色んな人にお父ちゃんの生年月日を聞かれましたが、みんなこの数字を元に宝くじを買っていた模様。夫ちゃんも買っていたと後でわかって、「・・・」でした。

続きを読む >>
| 家族ネタ | 16:35 | comments(8) | trackbacks(0) |
一周忌終えて

慌しかった日々が過ぎ去って、お父ちゃんの一周忌も無事終わりました。

今年のタイは洪水の害がひどくて、ピジットの親戚は来れなくて残念。

代わりに、コンケンから夫ちゃんの親戚が10人くらい来てくれました。

叔母さんたちが自分で織ったという綺麗なシルクの織物や、米、野菜、お菓子・・・たくさんのお土産を携えて来て、皆でバンコクの我家に3泊して帰って行きました。

到着するなり、お義母さん(メー)は床にごろん。

お義父さん(ポー)が足で背中マッサージ。

嫁の家と思ってか、えらいリラックスの仕様です・・・(^^ゞ

叔母さんたちは突然マンションのベランダで着替え始めるという予想外の行動・・・(部屋のスペースは十分あるのに、なぜベランダ?)

叔父さんたちは勝手にシャワーを浴び始め、勝手にアイロンも使って洗濯もして、「ご遠慮なく」とか言うまでもなかった。

朝は、メーは5時頃から起き始めてもち米を炊くと言う(もち米炊き用の鍋と蒸篭はもちろん持参)。

うちのコンロの使い方がわからないと言って起こされ、パンを食べてくれれば楽なのになと思う。

炊き上がったもち米を丸めて塩ふって卵につけて焼いて、カオジーという焼おにぎりのような・・・こんな手のこんだものを・・・人の家まで来てわざわざ作るのですね><メー!

最終日には、泊まり客がなにげに3人増えていた。

泊まっていた夫ちゃんの叔母さんがスパンブリにいる娘と婿と孫を呼んだ模様。

夕方外から戻ったらマンションの下にいて、あれー?みたいな・・・。

台風一過(一族)の後片づけをしながら、お疲れ様、自分。

たくさんの人が来てくれてよかったね、お父ちゃん。

 

| 家族ネタ | 23:57 | comments(8) | trackbacks(0) |
寂しいお知らせ
 

 しばらく、ブログを放置していました。

このまま放置し続けたい気持ちもあるのですが、

お父ちゃんの記事を読んで笑ってくださった方たちに

やっぱり報告しようと思いました。

105日、お父ちゃんはタイの自宅で永眠しました。

 

心筋梗塞だと、お医者さんが言っていました。

心臓の手術を2回したことのあるお父ちゃんでした。

20年以上前から身体障害者「1級」の手帳を持っていました。

どこでも自由に駐車できるのだと、喜んで京都の町中を走り回ってた。

こんな元気な身体障害者はいないと、皆も呆れてた。

 

あと10年くらいは生きてくれるだろうと、私は普通に信じていたので、

「早すぎるじゃないか!」と気が狂いそうでした。

でもお母ちゃんいわく、12年前からお父ちゃんは

「ぼく、いま平均寿命」と言っていたそうです。

タイ人男性の平均寿命は60代後半・・・。

持病を抱えた状態で平均寿命を超えて生きられたのだから、

頑張った方だと、今はそう思うことにしました。

 

「死ぬ前に遺言は?」って、何人かの人に聞かれました。

突然のことだったから、遺言もなにも、

「明日の朝は△△食べたい」って、そんな感じで・・・・。

でも、亡くなった日は夫ちゃんの誕生日でした。

「娘を頼むよ」って彼はお父ちゃんに言われたような気がしたそうです。

これから誕生日を迎えるたびに、嫌でもお父ちゃんのことを思い出すでしょう。

昔から、人に自分の存在をアピールするのが好きだったお父ちゃんですが、

死ぬ時までも、強烈なアピールをして旅立って行ったのでした。

 

11月は半月ほど帰国します。

いつもの神社や散歩道を見たら泣いてしまいそうですが・・・

1114日に、私の家でカレー・パーティー件追悼会をしようと思います。

お父ちゃんを直接知っている方がこのページを見ていたら、

そしてご都合よろしければ、ご連絡ください。

| 家族ネタ | 20:10 | comments(24) | trackbacks(2) |
きょうだい
叔母ちゃん(お父ちゃんの妹)が遊びに来ました。
「早くこないかな〜」と朝からずっと待ってたお父ちゃんですが、
叔母ちゃんが来てしばらくすると、

「散髪に行って来る」。

お父ちゃんは、お客さんが来ていても平気で自分の好きなTV番組を見てしまう。
でも、なんで今日、この時に散髪に行く必要があるねん???
文句を言うと、お父ちゃんは叔母ちゃんの方を向いて、

「一緒に来る?」と軽く誘い、

叔母ちゃんは「うん」とうなずいて、お父ちゃんと一緒に床屋へ行ってしまった。
ごく自然な流れでした。

さすが、きょうだいだなあ。。。
私にはよくわからない感覚です (@_@)?
| 家族ネタ | 23:55 | comments(4) | trackbacks(40) |
赤蟻のスープ
カオジー

お正月はバンコクから車で7時間かけて夫の実家、コンケンに行きました。
ほぼ毎月、一緒に帰省していますが、相変わらず長い道のりです。
やっと辿り着いた彼の家の前で、天秤を担いだ中年女性を発見。
お母さん(メー)でした。

夫の実家は農家で、自給自足に近い生活をしています。
野菜やお米や果物を作って、池で取れる魚を食べて暮らしています。
家の敷地内に植わっているのだけでパパイヤ、唐辛子、柑橘類、白菜、レタス、ケール、キュウリ、ネギ、ナス、トマト、カボチャ、カリフラワー、小松菜、ミント、パクチー、スイートバジルなどなど。
畑に行くとさらにココナッツ、バナナ、サトウキビ、トウモロコシ、イモ類、その他季節の野菜や果物が色々取れます。
どれも無農薬なので、すごーくおいしいです。

雨季に行った時は、近所の林でメーと一緒にキノコ狩りをしました。
11月は稲刈りをする約束をしたけど、私が仕事で間に合わなかった。
12月は池で釣りをして、プラータピヤンを2匹ゲット。
今回は、赤蟻を食べました。

メーが持っていた天秤の中身は、赤蟻と赤蟻の卵と羽のついた蟻でした。
木から振るい落として捕まえるそうです。
そのまま調理すると酸味が強すぎるので、しばらく水につけて酸味を取ります。
それを魚のスープに入れて出来上がり。
トムヤム・プラーに赤蟻と赤蟻の卵と羽のついた蟻が浮いている・・・
という感じです。
独特の酸味のせいなのか、なんやしらんけどすごいおいしかったよ〜。
蟻はカルシウムが豊富なんだそうです。背が伸びるかな〜。

(写真は、いつも朝ごはんに食べるカオジー。焼きおにぎり風です)。
| 家族ネタ | 21:01 | comments(10) | trackbacks(1) |
何事かと思った
「みなさんに話があるから、パパの部屋に集まってください」

と、いきなり呼ばれてドキっとしました。
何の話だろう?
「みなさん」って、私とお母ちゃんのことかいな。。
ふたりでおずおずと部屋へ入る。

すると・・・
「パパのくしがなくなったから、探して欲しい」とのこと。

(それだけかよ!)

お父ちゃんは、自分の日本語が変なことに気づいていません。
私、慣れてるはずなのに、毎回振り回されてしまうのが悔しい・・・ あめ
| 家族ネタ | 22:16 | comments(6) | trackbacks(0) |
千の風になって
お父ちゃんが「千の風になって」の歌詞をタイ語訳しました。

อย่าร้องไห้ที่หน้าสุสานของฉัน
(私のお墓の前で泣かないでください)

ฉันไม่ได้อยู่ที่นั่น ไม่ได้นอนหลับอย่างเงียบสงบ
(そこに私はいません 眠ってなんかいません)

ここまでは良い感じです。
でも、途中から歌詞が変わってきました。。

「お正月に帰ってきてあなたの涙を拭いてあげましょう」
「来世でまた会いましょう」・・・。

あせあせ

!!そんな歌詞ないやん!!

おとう「こっちの方がタイ人にウケると思う」
わたし「そんなことして良いの?」
おとう「良いと思う」(←悪気はない)

そんなこんなで、折角の名曲が演歌風に変わってしまいました(汗)
世の中には翻訳家に向かない人もいるようです。。
| 家族ネタ | 21:45 | comments(14) | trackbacks(63) |
最近のお父ちゃん
最近、お父ちゃんは詩を書くことに凝っています。
何週間も温めて書いた「旧友を偲ぶ詩」にはかなり自信があるらしく、私に曲を作るように催促してきます。私は昔からボチボチと作曲まがいのことをしていたので、調子が良ければ(ひょっとしたら)良い感じのメロディーがつながるかもしれません。

「♪チャイコフスキーのような曲をつけて♪」
普通の人が言ったら単なるオヤジ・ギャグですが、お父ちゃんの場合、95%くらい本気なので困ります。

「誰に向かって言ってるのよ・・・」
お母ちゃんの指摘はいつも的を得ています。

詩以外では、相変わらず食べることに凝っています。
何かにつけて口実を作り、あれを食べよう、これを食べようと提案してきます。

「娘が東京へ行ってしまうから、ステーキ・ハウスで送別会をしよう」という具合に。
私は3日ほど出張に出るだけなので、送別会をしてもらわなくても結構なのですが。。

食事が終わると、必ずもう一度メニューを見ます。
わたし「何してるの?」
おとう「今度来た時に何食べようか考えてる」

計画性があるのは良いことだとお母ちゃんは褒めますが・・・?
| 家族ネタ | 23:59 | comments(9) | trackbacks(17) |
秋ですね
ばら

しばらく私の彼が来日していました。
彼が来ることが決まった日からお父ちゃんは二言目には
「プラー・サリットを忘れないように」
プラーサリットというのは、小アジに似た魚で、よく塩漬けにしてから
揚げて食べるのですが、カルシウムを豊富に含んでいるのだとか。
「ちゃんと電話で確認してね。絶対忘れないように・・・」
それしか言うことないの?とだんだんイヤになってきます。。

土曜日には一緒に近所の植物公園に行きました。
ここはお父ちゃんお気に入りの散歩コース。
けっこう広くて草花の種類も多くて植物園にしては良い方だと思います。
入場料も安いし噴水なんかもあって休日をのんびり過ごすには良いかもしれません。
お父「ここは京都で一番きれいな場所だと思う 猫2
一同「えっ・・・?!」

お父ちゃんのコースは決まっています。
まずバラ園に行き、噴水の前で記念撮影をします。
バラはこの時期は半分くらい枯れていますが、とにかくタイ人はバラが好きなのです。
バラ園の次は、菊の展覧会場に行きました。
タイ語で「ワタクシに着いて来なさい」と言って非常に得意げでした。
金賞・銀賞の菊の前で「この花を撮りなさい」「あの花を撮りなさい」と指図する。
ふと隣を見たら彼は忠実なカメラマンと化していました。。

その日の夜は、私の友人たちと一緒にタイ料理を食べる約束をしていたのですが
お父ちゃんも「タイ料理食べたい」と言い出し、着いて来てしまいました。
みんなが嫌がるんじゃないかと恐れましたが、蓋を開けてみれば私の友人って
全員お父ちゃんのこと知ってるんですよね。
「お久しぶりです」ってな感じです。
お父ちゃんは当然のごとくメニューを独占して好きな料理を注文し、
食べるだけ食べてお会計してひとりで帰って行きました。
「ごちそうさまです」ってな感じです。

彼が帰った頃、1キロあったプラーサリットもなくなりました。
今はお父ちゃんは毎日干しうるめを食べています。
別にプラーサリットじゃなくても良かったのでは?と思う今日この頃です。
明日からまた仕事だ・・・。
| 家族ネタ | 13:20 | comments(9) | trackbacks(42) |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ