お父ちゃんはタイ人

タイ人のお父ちゃんを持つ娘の日記。
我が家の日常、日・タイ文化比較、仕事(通訳・翻訳)のことなど。
<< キャンプの下見は順調 | main | ロスト・イン・キョウト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ロスト・イン・トランスレーション
友達の薦めで「ロスト・イン・トランスレーション」見ました。
日本に来たアメリカ人が英語は通じないし、文化はわからないしで
戸惑う姿を描いた映画。望まずして未知と遭遇してしまった男が
不安と違和感の中で紡ぎだすラブ・ストーリー。

最初の方で日本人の通訳が出て来るんですけど、
演出家(日本人)のしゃべる長〜いセリフをたった一言で訳してしまう!
それに対するアメリカ人の質問(一言)を長ながと説明するものだから
アメリカ人の方は何を言われているのか不安で仕方ない・・・
↑このシーンはとっても笑えました。私も同じことをよくやるから。
アハハハハ (^▽^) 工具

演出次第では痛快爆笑コメディにもできたと思いますが、
案外淡々と心象心理を描いた作品でした。
あくまでもリーディング・キャストはアメリカ人。
「最初は苦労したけど最後は理解しあえた」とかいうオチも何もなく
「もう二度と東京に来たくない」という言葉に対するフォローも何もなく
映画は終わってしまう・・・
なんとなく超えられない文化の壁を感じました。

脚本家はそうとう日本で苦労したんだろうなあ。
| 06最近の出来事 | 14:43 | comments(6) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 14:43 | - | - |
いい感想だわぁ〜。
私は見ようとしたけど、途中で寝ちゃいました。(爆)
淡々としてる割には、一番嫌いな(でもそれだけ現実的な)日米関係が描かれてて、私は見てて辛かったのと、そのとき本当に眠かったのとで。

日本につながりのあるアメリカ人の中には「日本に失礼な映画だ!」って憤慨してる人もいましたが、私はそう感じなかったなぁ。現実的だったと思う。そして本当に通訳やってるmarisaさんのお墨付きなのね。(笑)
| 楽天かぐや | 2005/05/25 9:53 AM |

おひさしぶりです!
私もこの映画みましたよ。
自分の近くに日本文化に溶け込めないアメリカ人がいたせいか人ごとではなかった、、。おまけに私も同じような訳し方をすると指摘されました~~;)。
だけど、監督のソフィア・コッポラは大の親日家というからびっくり。
なぜ??個人的にはなんかツライ作品なんですけどォ。
| megumi | 2005/05/25 9:14 PM |

かぐやさん☆

>淡々としてる割には、一番嫌いな(でもそれだけ現実的な)日米関係が描かれてて、私は見てて辛かったのと

一番嫌いな日米関係って、どんな関係??
個人的にはそんなによくアメリカのことを知らないので・・・興味津々。

>日本につながりのあるアメリカ人の中には「日本に失礼な映画だ!」って憤慨してる人もいましたが、私はそう感じなかったなぁ。

私も特に感じなかった。タイ人だったら怒る人多いと思います。
日本人って、けっこう客観的に自分の国を見てたりするから怒らない・・・というのを知っててこの映画を作ったんじゃないかな。

megumiさん☆

>自分の近くに日本文化に溶け込めないアメリカ人がいたせいか人ごとではなかった

めぐみさんからコメント来ると思ってましたよ〜!
でも、監督さんは親日家だったんですね。
今でこそ親日家だったけど、最初はやっぱり苦労した、とかそういうことなのかも?
日本ってなまじ近代化してるから「国際的でない側面」が余計変に感じられるんでしょうね。
でも、映画で取り上げていたのはとっても表面的なジャパンだったし、長く住んだらもうちょっと違う面も見えてくるはずなのに〜とか思いました。
| marisa | 2005/05/27 3:30 PM |

この映画は、日本ではどう評価されてたのかな?たぶん東京では受けたんだろうけど。。。私はしばらく日本で映画を見ていない。この映画も実家で撮ってもらったビデオで見たの。韓国の観客のニーズに合わなさそうで、ソウルでは上映されてないし…そうでなくても韓国では外国のミニシアター系やアート系の映画はまだあんまり公開されない。。。
で、感想はちょっとフクザツ。フランス人の友達が「最高に良かった!」って言うんだけど、そーかな?日本に住んでいた私としては、どうもな〜。それよりもソフィア・コッポラは、女優としてより監督のほうがいい感じ。
| N☆ | 2005/05/31 12:26 AM |

N☆さん☆

私はこの映画のこと、タイにいる韓国人の友達から聞いたので日本での評価は知らないんですよ〜。
私の韓国人の友達も「最高に良かった!」と言っていました。
海外を経験した人にとっては共通体験・・みたいなものがあるのかもしれませんね。
ああ、でも日本人の目から見るとやっぱりイマイチ感があるんですね。
他の人の感想が聞けて良かった。
| marisa | 2005/05/31 1:44 PM |

僕は在日タイ人です。
この映画については良かったと思います。
(タイへ帰った時に見たんですが)
結構ブラックコメディで、少し笑ってました。
日本に対しては失礼だとも思いますが、やっぱり僕にとっては現実だなぁって感じです。
| Oakyman | 2005/06/23 2:49 PM |










http://marisa.jugem.cc/trackback/111
ロスト・イン・トランスレーション
 噂程度に評価は決してよくないと聞いていた。実際に見て、これは評価のきっぱりすっぱり別れる作品だと思った。会話で見せる映画ではなく、哲学的、観念的な、どのようにでもとれる映画で戸惑ってしまう。ものすごく苦手な映画だ。  中身うんうんはさておき、外国
| ZeroCinema | 2006/01/04 9:51 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/15 4:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2009/01/15 3:24 PM |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ