お父ちゃんはタイ人

タイ人のお父ちゃんを持つ娘の日記。
我が家の日常、日・タイ文化比較、仕事(通訳・翻訳)のことなど。
<< 舟唄じゃなかった | main | クリスマスが近づいて来ました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
鶏卵そうめん
鶏卵そうめん

お母ちゃんが鶴屋さん(鶴寿庵)の鶏卵そうめんを買ってきました。

お客さん用のお菓子だったので、遠くから見つめました。

お客さんが帰ったので、近くで眺めました。

ふむ。

見れば見るほど、フォイトーン ฝอยทอง に似ています。 

似てるっていうより、まったく同じ・・・?

以前、フォイトーン作りで有名なアユタヤの村にホームステイしたことがあります。
お家の台所でフォイトーン(金の糸)とか、トーンヨーッ(金のしずく)とか作ってました。
「元々はポルトガルから渡ってきたお菓子」とステイ先のメーは言っていました。
ということは、貿易の街・アユタヤを介して、ポルトガル→タイ→日本という経路で伝わったお菓子だったりして?
まさかね(笑)と思いつつ、ネットで検索してみたら、フォイトーンと鶏卵そうめんは本当に関連があったという話が載っていました。

[要約するとこんな感じです↓]

日本に住んでいたポルトガル人女性がキリシタン禁制のため日本から追い出され、日本人の夫と一緒に船に乗ってアユタヤまで流れ着いた(山田長政の時代) 船 
タイで生まれた娘は、日本×イスラム系タイの男性(ハーフ)と結婚した。そして生まれてきた娘の名前は、Marie Gimard。タイ25%×ポルトガル25%×日本50%の混血児。

Marieはアユタヤ朝の大臣にまでのぼりつめたキリシャ人と結婚するが、慢心した旦那は反感を買い、処刑されてしまう ポロリ  夫の処刑後、ポルトガルに行こうとしたMarieは役人につかまり、ポルトガル人町に2年間幽閉された。この幽閉中にフォイトーンの作り方を伝承されたMarieは、後に王室の製菓部長に任じられる。彼女によって、フォイトーンがタイの人々に紹介されたのである・・・



鶏卵そうめんはポルトガルの他には日本とタイにしか伝わってないのですって。
私の仮説は間違ってましたが、* * 事実は仮説以上にドラマチック * *

タイでは、鶏卵そうめんがスポンジケーキの上に乗ってたりします。
最初は「ギョエッ」と思いましたが、食べてみるとナカ×2おいしいです。
お試しあれ。
| 食べ物のこと | 14:50 | comments(7) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
| - | 14:50 | - | - |
フォイトーンと鶏卵そうめんがポルトガルからきた同じ物、ということまでは知ってましたが、
そんなお話しがあったんですね。ちょっと感動。

あの甘さは、私もはじめは「・x・」でしたが
今ではけっこうOKです。
時々無性に食べたくなったりもして…
(でも、少量でいいけど)

うちの夫は大好きですよ。
(そりゃ、腹もでるわけですな…)

| とらいあんぐる。 | 2005/12/07 6:06 PM |

>フォイトーンと鶏卵そうめんがポルトガルからきた同じ物、ということまでは知ってましたが、

知らなかったのはまた私だけかもしれないブー。

シロップ・ベトベトの鶏卵そうめんは苦手ですが、あっさりしたのはいくらでも食べられます(笑)

| marisa | 2005/12/08 6:35 PM |

私もフォイトーンと鶏卵そうめんがルーツが同じことは知っていましたが、お話は知らなかったので楽しく読ませてもらいました。
鶏卵そうめんもまえに食べたことがあるけどかなり甘かった・・・。フォイトーンはパックレットに行ったときに作っている様子を見ましたが、すごーく甘い香りがしててハチがぶんぶん周りを飛んでたので(笑)かなり甘いんだろうと・・・。でもきれいで繊細なお菓子ですよね。

ポルトガル伝来のお菓子は日本だとカステラ(カステイラ:ただ形も味もこちらはだいぶ違うようですが。)や金平糖(コンフェイトゥ)などがありますが、タイに伝わったものって他にあるのかな・・・。
お菓子の歴史を調べてみるのもなかなか面白いなあと思いました。
| bonyarihitsuji | 2005/12/09 11:51 AM |

bonyarifitsujiさん☆

タイのフォイトーンはかなり甘いです(苦笑)。
ジャスミンの香料が入ってるというところもタイ風かなと思います。
日本の鶏卵そうめんはお店によって味が違うらしいですが、鶴屋さんのはサクサクしてて好きです。母方の祖母がよく食べてましたが、和菓子だと信じてました(だって、名前も日本ぽいし・・・)。

>お菓子の歴史を調べてみるのもなかなか面白いなあと思いました。

お菓子はおいしいし、きれいだし、色々わかったら楽しいですネ。
| marisa | 2005/12/09 10:24 PM |

へぇ〜日本にもあぁいうお菓子あるんですね。
そして、そんな話があるなんて。
すごいですね。


| るくちん | 2005/12/10 8:18 PM |

ポルトガルから渡ってきたお菓子って聞いたことがありますが、
Marie Gimardっていう人物は聞いたことがありません。
そんなドラマチックな伝説もあったかぁ。知りませんでした。

鶏卵そうめんも初めて知りました!
どこの名物ですか?
| Oakyman | 2005/12/14 11:55 AM |

るくちんさん☆

この記事書いた後、周りの人に「すごい話があるのだ〜」と吹聴したら2人くらいの人に「もう知ってるよ」と言われてしまいました。案外有名な話なのかも。。
ちなみに、Marie Gimardの話は2〜3日前の読売新聞にも掲載されたみたいです。


オークさん☆

Marie Gimardはタイではターオトーン・ギープマーって呼ばれていたそうです。
これなら聞いたことないですか?

鶏卵そうめん…ウチが買ってるのは京都のお店のですが、大阪や福岡にも有名なお店があるみたいですね。
小さい頃からよく食べていたので、普通にスーパーとかで売ってるものだと思ってましたが、考えてみたら日本で売ってる所少ないかもしれませんね。。
| marisa | 2005/12/16 3:42 PM |










http://marisa.jugem.cc/trackback/157
【中国と日本】中国のお正月伝説
 中国の伝説によれば、「年」という妖怪があり、毎年大晦日になると、かれはこっそりと村にやってきて、人畜を殺害していました。人々は彼を恐れ、恨み、いろんな方法を考えて、かれを追い払おうとしましたが、すべて失敗に終わりました。 ある年の大晦日、「年」はま
| 中国からみた中国と日本の違い | 2007/01/22 8:32 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/02/17 7:36 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/07/07 4:17 PM |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ