お父ちゃんはタイ人

タイ人のお父ちゃんを持つ娘の日記。
我が家の日常、日・タイ文化比較、仕事(通訳・翻訳)のことなど。
<< 寂しいお知らせ | main | 洪水の様子 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
一周忌終えて

慌しかった日々が過ぎ去って、お父ちゃんの一周忌も無事終わりました。

今年のタイは洪水の害がひどくて、ピジットの親戚は来れなくて残念。

代わりに、コンケンから夫ちゃんの親戚が10人くらい来てくれました。

叔母さんたちが自分で織ったという綺麗なシルクの織物や、米、野菜、お菓子・・・たくさんのお土産を携えて来て、皆でバンコクの我家に3泊して帰って行きました。

到着するなり、お義母さん(メー)は床にごろん。

お義父さん(ポー)が足で背中マッサージ。

嫁の家と思ってか、えらいリラックスの仕様です・・・(^^ゞ

叔母さんたちは突然マンションのベランダで着替え始めるという予想外の行動・・・(部屋のスペースは十分あるのに、なぜベランダ?)

叔父さんたちは勝手にシャワーを浴び始め、勝手にアイロンも使って洗濯もして、「ご遠慮なく」とか言うまでもなかった。

朝は、メーは5時頃から起き始めてもち米を炊くと言う(もち米炊き用の鍋と蒸篭はもちろん持参)。

うちのコンロの使い方がわからないと言って起こされ、パンを食べてくれれば楽なのになと思う。

炊き上がったもち米を丸めて塩ふって卵につけて焼いて、カオジーという焼おにぎりのような・・・こんな手のこんだものを・・・人の家まで来てわざわざ作るのですね><メー!

最終日には、泊まり客がなにげに3人増えていた。

泊まっていた夫ちゃんの叔母さんがスパンブリにいる娘と婿と孫を呼んだ模様。

夕方外から戻ったらマンションの下にいて、あれー?みたいな・・・。

台風一過(一族)の後片づけをしながら、お疲れ様、自分。

たくさんの人が来てくれてよかったね、お父ちゃん。

 

| 家族ネタ | 23:57 | comments(8) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:57 | - | - |
早いものでもう一周忌なのですね。。

お父さんもバタバタしてるmarisaさんをお空の上でニヤニヤ笑いながら見てらっしゃったのではないでしょうか^^

私も今秋、生まれてくるはずの姪っ子を突然亡くし、人生の苦さを噛み締めているところです。

| myongsil | 2011/10/09 2:04 PM |

myongsil☆

久しぶり〜。コメントありがとう。
ミョンシルの周りでも色んなことがあったんやね。
家族1人失うだけで辛いけど、日本では今もっと大変な思いしてる人がたくさんいるんだよね。
祈りよ届けー。
| marisa | 2011/10/09 4:26 PM |

myongsil☆

久しぶり〜。コメントありがとう。
ミョンシルの周りでも色んなことがあったんやね。
家族1人失うだけで辛いけど、日本では今もっと大変な思いしてる人がたくさんいるんだよね。
祈りよ届けー。
| marisa | 2011/10/09 5:07 PM |

私が初めて夫の家(ウボン)に行ったとき、
「そこで寝てていいからね。あ、それともシャワー?」
と、思いっきり昼間なのに聞かれてびっくりしたのを思い出しました。笑
(で、やることなくて結局寝てたんだけど。^^;)
それにしても月日がたつのは早いですね。。。
ちょっと前に、うちの母から
「33回忌やるから帰ってこい」と電話があり
しばらくして日程のこととかつめようと電話したら
「33回忌、お寺で聞いたらどうやら去年だったらしい」
といわれてしまったそうで。。。。
お恥ずかしい限り。。。。
| とらいあんぐる。 | 2011/10/09 7:20 PM |

お久しぶりです。
もう一年なんですね。。早いですね。
クントン先生空の上で見ていらっしゃいましたかね★

タイの方々の生活ぶり、お節介ぶり懐かしいです!
いぃなぁ。
子供たちが大きくなったら姉さん一家のところに連れていくのが夢です!
| かわちゃん | 2011/10/11 1:42 AM |

とらいあんぐる。さん☆

そうそう、田舎に行くと強制的に昼寝させられるんですよね。四角い枕とか渡されて(笑)
33回忌とは、早いですね。
しかももう終わってたなんて、ショックでしたね・・・。


かわちゃん☆

久しぶり。コメントありがとう。
子どもたち連れて帰ったら、お姉さん一家きっと喜ぶね!

| marisa | 2011/10/11 12:23 PM |

マリサさんしばらくです。昨年はクントン先生が亡くなり、なんと申し上げたらいいか分かりません。タイは私の退職後の大きな仕事でした。それを導いて下さったクントン先生のお力は凄かったと思います。暫く御無沙汰してお目に掛れずに、クントン先生が亡くなられたことは、私にとって残念で仕方ありません。お礼の言葉を申し上げたかったです。
あなたはタイ人の御主人様をお持ちと伺いました。バンコクでお暮らしと。ホームページを読みました。異文化の中で幸せに生きていらっ去る様子が読み取れ、私も嬉しく思います。お幸せにね。大塚さんからあなたのURLを伺いました。クントン先生のお墓参りのせつにはクントン先生によろしくね!私は78歳になりました。なんとか元気にやってます。可知文恵
| 可知文恵 | 2012/06/30 3:16 PM |

可知さん

心温まるコメントをありがとうございました。
大塚さんが私のURLを知ってらしたのですね。
可知さんが何度もワークキャンプに参加してくださって、
父にとっても励みになっていたと思います。
「可知さん、可知さん」と家でもよく口にしていました。
動物園に象を寄付しようという話があって、
「2頭の象の名前はクンクンとトントン」と言っていたのが
おかしかったです。今でもよく覚えています。
墓前によろしくと、言っておきます。
可知さんもいつまでも元気でいらしてください。
| marisa | 2012/07/02 3:01 PM |










http://marisa.jugem.cc/trackback/268
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ PROFILE
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ LINKS
+ OTHERS
このページの先頭へ